ケアンズEye!

メニュー|ホームへ| ケアンズの自然環境や気象 | ケアンズの動物 | ケアンズの野鳥とバードウォッチング | Birding Wz Mate〜私的遠征仲間募集〜 | ケアンズの花や植物 | オーストラリア人 | ケアンズ岸釣り | オーストラリア野生動物探訪旅行の記録 | ケアンズリンク集 | ケアンズ日記 | コンサベーションな話題やボランティア活動 | ケアンズEye!について・連絡先 | サイトマップ |

このブログ記事について

このページは、willieが2011年6月20日 16:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アイアンレンジ国立公園から帰還」です。

次のブログ記事は「マミジロナキサンショウクイ雄」です。

全ての記事の一覧はサイトマップのページで見られます。

カテゴリー
AAK Nature Watch

ケアンズの動物

ケアンズEye!ホームケアンズの動物 > オニヒトデ     他にもケアンズEye!には現在2299件の記事、5000枚以上の写真があります

オニヒトデ

オニヒトデ

たまには水中生物を。いつものミコマスケイクルーズにてオニヒトデが水揚げされていた。グレートバリアリーフが観光資源のこの地域では、サンゴ礁の天敵オニヒトデに対しては産学総掛かりで活発な活動が行われているけれども、3年おき程度に大発生するといわれているオニヒトデには手を焼いている。

オニヒトデ

『オニヒトデの体表面には大量の有毒の棘が生えており、これがヒトの皮膚に刺さるとオニヒトデ粗毒によって激しい痛みを感じ、アナフィラキシーショックによって重症に陥ることがあり、最悪の場合、死に至ることがある』-Wikipediaより

いつ刺されてもおかしくない体勢でオニヒトデを素手で掴んで足に載せている。というか、この知人は過去に何度も刺されていて「オニヒトデに刺されると二日酔いみたいで暫くだるくなるんだよな!」と語っていた。

"激しい痛み"や"アナフィラキシーショック"はどうした。
蚊やサンドフライでもそうだが、オージーにはあまり生物毒が効かないのは確実。

コメント

>オージー
進化(^^)
人類の進化は止まったわけぢゃないよね?生物毒が効かないタイプの新種の人類。

彼らは虫に刺されない事や、靴がいらない事も確認された↓

http://gshade.blog19.fc2.com/blog-entry-162.html

カテゴリー 【ケアンズの動物】

同じカテゴリーの記事一覧↓

Bare-rumped Sheathtail Bat他アカワラルーパプアトラシャク幼虫と食草Caraliaイリエワニの子供クシヒゲムシの仲間ニジゴミムシダマシの仲間シモフリバンディクートの体重偏差ヒメヒトツメジャノメアリジゴクオオカンガルーとヒト野生のタイパンメスアカモンキアゲハLyell's Swiftシミsp.昼間のカオグロキノボリカンガルーEastern Dwarf Treefrog流水域のカモノハシCream-striped Fence Skinkムカシヤンマなどマックォーリーマゲクビガメ逃げないボイドモリトカゲ干潟の生き物遊び美し過ぎるナナフシキミドリリングテイルエサを探すハリモグラカミキリムシSpシーズン初クリスマスビートルイリエワニ池ディンゴレースオオトカゲTwo-lined Dragon♂Goldsbrough National park自切されたヤモリの尾ミドリハエトリケバエの仲間ロビンソンテングフルーツコウモリ疾走するエリマキトカゲ昼間のブチクスクス花に囲まれてルーストするアオタテハモドキウスバジャコウアゲハ2アオスジアゲハハキリバチツムギアリが紡いでいる現場フランジパーニに残された食痕新しいオオコウモリのHPメガネトリバネアゲハヤブクマネズミ花が咲くとオナシベニモンキアゲハPriamusメガネトリバネアゲハコモンタイマイ青藍色ネッタイモンキアゲハハリモグラ登場Spiny leaf insectスナイロツメオワラビーノブタ続:ニオイネズミカンガルーホオグロヤモリ久々にハリモグラザトウクジラケアンズで哺乳類を見よう2ケアンズで哺乳類を見ようアルゲントーナカザリシロチョウオニヒトデLong-Footed-Frogアカアシヤブワラビーとその仲間グリーンツリースネークフクロシマリスオオカンガルーアカネズミカンガルー緑の中のメガネオオコウモリフォルバスシジミ2ツマルリハデムカシタマムシケラPainted GrasshawkウスバジャコウアゲハOchre-tippes Darner羽化失敗のオオルリアゲハユーカリハムシの仲間Javelin Frogナガタマムシの仲間コゲチャリングテイル2True darkling beetleの一種Green-eyed TreefrogMotted Barred Frogチャスジヌマチガエルキンカメムシの仲間ケアンズ昆虫観察ツアー記録最終回ケアンズ昆虫観察ツアー記録7ケアンズ昆虫観察ツアー記録6ケアンズ昆虫観察ツアー記録5ケアンズ昆虫観察ツアー記録4ケアンズ昆虫観察ツアー記録3ケアンズ昆虫観察ツアー記録2ケアンズ昆虫観察ツアー記録1コフキコガネの仲間カタハリカナブンの仲間ニホンミツバチハエトラップ望遠レンズに偏光フィルターC-PL1L その効果テングシロアリの一種ハツリグモの仲間オヒキコウモリの仲間 その2チビフクロモモンガカオグロキノボリカンガルーミナミハナフルーツコウモリアカハギレチョウ(シディッペハレギチョウ)ディンゴミドリメガネトリバネアゲハマホガニーフクロモモンガの看板オオルリアゲハの産卵マリーバイワワラビーヘリカメムシの仲間キオビコノハアミメノコギリガザミついに捉えた!オヒキコウモリの仲間コラボレートオオルリアゲハ特大目盛り付きメジャーオガサワラヤモリフクロネコ違い世界動物大図鑑オオコウモリの絵本カモノハシフクロネコGreat Black Waspニューギニアオオカメムシ他イリエワニオーストラリアオオコウモリGiant Wood MothGiant Grasshopperオオニワオニグモ何に夢中になり何故夢中になる?巨大回転雲に乗って移動するオオコウモリカーペットニシキヘビ2エリマキトカゲ知らなかったクマバチとコシブトハナバチニジトカゲの仲間チャイロクロフチジャノメウスイロコノマチョウ泳ぐヘビ(淡水)ユビナガコウモリとオーストラリアユビナガコウモリトビリングテイルコゲチャリングテイルフクロモモンガまだコウモリ【グールドカグラコウモリ】グールドツームコウモリハムシの仲間などクレフトマゲクビガメアシダカグモ2ヒトリガの一種伝説のヘビが昆虫の館ハネビロトンボの仲間シロモンルリシジミ野生のクロコダイルハエトリグモの仲間Tommy roundhead dragon その2サバクアマガエル 2天然イエアメガエルオニグモの仲間イエアメガエルカーペットニシキヘビボイドモリトカゲCarlia rostralisコガネグモリュウキュウムラサキガランピ(ルリ)マダラクツワアマガエルその3ベランダに来た昆虫2ベランダにいる昆虫ナナフシの一種Elseya stirlingi 観察ツアートゲアリの仲間Golden-bum Antスキンクの行動Hedge GrasshopperヒロオビクロセセリヘラクレスサンGraphic FluttererSaproscincus tetradactylusTwo-spined Spiderバンディクートの識別Tommy roundhead dragonシモフリバンディクートNorth Johnston Snapping TurtleトイレにズグロパイソンフォルバスシジミアフィニスカバマダラGiant grasshopper?ササグモの仲間タガメ2アカガネニシキシジミオオトビハゼシロガネグモ2ウォータードラゴンクツワアマガエル その2イトトンボベンケイガニの一種アオカナブン郵便受けガエルフクロギツネベニヒメトンボマホガニーフクロモモンガメガネオオコウモリニジュウヤ ホシテントウヤモリの仲間オーストラリアの動物図鑑・フィールドガイド(鳥以外)の一覧とレビューHibiscus Harlequin Bagパプアトラシャクニオイネズミカンガルーヒルスナイロワラビーカモノハシとは水生昆虫キタケバナウォンバットオオフクロネコシロカネグモヒメカブトハリモグラ名前の分からないものTwo-lined Dragon (Diporiphora bilineata)オオハダカオネズミサバクアマガエルキアシアンティカイヌスシカアシメロミスアシダカグモマダラオクマネズミ(Cape York Rat)ジョロウグモゾウムシミズスマシクツワアメガエルユリシス(オオルリアゲハ)川エビ(river prawn)ニシキヘビの抜け殻グリーンアント(グリーンアンツ、ツムギアリ)外来魚問題ーケアンズクロコダイルvsアリゲーターイモガイタガメやもりグレイハンツマンスパイダーヘラクレスモスチャイロタテハオオトカゲフォレストドラゴンアオジタトカゲカンガルーパディメロンクロコダイルに乗る人クロコダイル養殖場ゾディアックモスについて

その他のカテゴリー

| お問い合わせ | サイトマップ | ホームへ戻る| (C)ケアンズEye!RSS更新順に見る | ページ最上部へ戻る↑|