ケアンズEye!

メニュー|ホームへ| ケアンズの自然環境や気象 | ケアンズの動物 | ケアンズの野鳥とバードウォッチング | Birding Wz Mate〜私的遠征仲間募集〜 | ケアンズの花や植物 | オーストラリア人 | ケアンズ岸釣り | オーストラリア野生動物探訪旅行の記録 | ケアンズリンク集 | ケアンズ日記 | コンサベーションな話題やボランティア活動 | ケアンズEye!について・連絡先 | サイトマップ |

このブログ記事について

このページは、willieが2013年5月20日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダーウィン&カカドゥ1(ミドリセンニョムシクイ)」です。

次のブログ記事は「ダーウィン&カカドゥ2(ヒスイインコ特集)」です。

全ての記事の一覧はサイトマップのページで見られます。

カテゴリー
AAK Nature Watch

ケアンズの野鳥とバードウォッチング

ケアンズEye!ホームケアンズの野鳥とバードウォッチング > ワライカワセミ     他にもケアンズEye!には現在2299件の記事、5000枚以上の写真があります

ワライカワセミ

ワライカワセミ

Sarah Legg著に「ワライカワセミ〜ブッシュの王様」という一冊があるように(良書です)カワセミとしては世界最大のサイズと重厚な嘴でもって、王様かどうかは微妙ながら食物連鎖の上層に居るのは確かなワライカワセミ。ヘビを食べるイメージが強く、開拓時代にはそれが一人歩きして各地にヘビ対策用として移入された過去もある。ところが実際はヘビがワライカワセミの食事に占める割合は低い。


単体やつがいだけでも十分やっていけそうに見えるが、血縁の小群を組んでの生活や繁殖が実に面白い。

ワライカワセミ

ケアンズ周辺ではこの辺の数が上限だと思うが、15羽といった家族群も記録がある。有名なあの鳴き声は縄張りの主張や挨拶が主で、単独で居るときは極めて静かな鳥でもある。もちろんこの写真の群れのように、個体数が増える程に朝夕の挨拶は凄まじい騒音になる。


ワライカワセミ

私は普段は手持ち撮影だけど、こうして三脚を使うとやはり0.5〜1段分シャープに撮れる気がする。

学名 Dacelo novaeguineae
英名 Laughing Kookaburra

管理人はケアンズでバードウォッチングのガイド業を営んでいます。お気軽にご利用下さい。ご依頼/お問い合わせ

カテゴリー 【ケアンズの野鳥とバードウォッチング】

同じカテゴリーの記事一覧↓

野生のセキセイインコの大群2013総括和名の議論の落としどころコウロコフウチョウの求愛ダンスプライベート探鳥サザナミオオハシガモゴマフガモモモイロインコだけ見たいヤブツカツクリ亜種purpureicollisはどの辺りから分布を始めるのか?コンデジで振り返るバードウォッチングツアー侵入:チャイロハヤブサ2013一家は居着いたままです(シロガシラツクシガモ)冬のヒジリショウビンコシグロペリカンの連続あくびチャイロハヤブサとハヤブサ共同繁殖システムとマルハシキバタン安住の地カオジロサギワライカワセミ人面あり塚フヨウチョウキノドヤブムシクイハイガシラヤブヒタキで達成ノドグロモズガラスモリショウビンメグロヤブムシクイメジロハシリチメドリチュウダイサギ近所の野鳥ヒクイドリと花手ジスコ シラオラケットカワセミ写真を頂きました【動画】浜を歩くヒクイドリシラボシリュウキュウガモ再びキバシへラサギ(ケアンズで)部分白化したシラオラケットカワセミルリミツユビカワセミヒクイドリシラオラケットカワセミ2012ビッグイヤー新記録ツアーの空き状況アメリカウズラシギオーストラリアマミジロタヒバリハイイロカッコウノドアカムジミツスイヒバリモドキミナミクロヒメウヒメフタイロヒタキクロムネトビムナオビトサカゲリグンカンドリの群れムナジロクロサギフェアウェルバードウォッチング羽を伸ばすオオウロコフウチョウキバラタイヨウチョウの♂アカハラヤイロチョウ亜種marshalli イチジクインコ ペアヒクイドリだけ見るツアーヤシオウム2011夏花の中のタテフミツスイハシブトオオイシチドリの飛翔オオハナインコ給餌キバシショウビンササフミフウズラオウゴンニワシドリ2012アカチャアオバズク再びセアカオーストラリアムシクイ♀タイプカオグロカササギヒタキシロガシラカラスバトノドグロヤイロチョウ冬鳥の状況 2012コアオアシシギオーストラリアズクヨタカヨコジマウロコミツスイ野生のコモンチョウコオバシギ夏羽キビタイヒスイインコ2012アイアンレンジもろもろケアンズに定着したアカオクロオウムヤシオウムの求愛行動キバシショウビンとヤブツカツクリ北部型チャバラニワシドリオオウロコフウチョウ、アカガオインコチャムネミツスイ、シラボシリュウキュウガモさらに引き続き、愛知県のS様からの画像を掲載しています引き続き愛知県のS様からの画像を掲載しています※写真展の場所と日時を追記しました 愛知県のS様から頂いた写真【後編】愛知県のS様からも写真を頂いています年末年始にお越しだった奈良県K様から頂いた写真番外編ハバシニワシドリオウゴンニワシドリ2011コサギオーストラリアクロトキカササギガンシラオラケットカワセミ2011ヤブツカツクリのオスがノドグロヤイロチョウ集結シラボシリュウキュウガモ亜種別アカクサインコオーストラリアオニサンショウクイワイバード主催「もう1つのケアンズ」ツアー報告カバイロハッカ続:セグロアジサシのヒナチャイロハヤブサバードウォッチングツアー記録とパプアソデグロバトセグロアジサシのヒナシロガシラツクシガモカザリリュウキュウガモオーストラリアイシチドリケアンズ1日バードウォッチングツアーテンジクバタンカンムリカッコウハヤブサ2アオバネワライカワセミの雄雌ムギワラトキトサカレンカクアカオクロオウムセアカオーストラリアムシクイルリミツユビカワセミといえばアマサギの塒ハゴロモインコのオスムナフオウギヒタキマミジロナキサンショウクイ雄ヒクイドリの羽の構造タカサゴクロサギバードウォッチングツアー記録セイケイキボシホウセキドリケアンズ野鳥撮影ツアー報告その2ケアンズ野鳥撮影ツアー報告その1ミナミアオバズクハイイロオオタカ巨大サイクロンによる被害から蘇ったヒクイドリヒメミツユビカワセミ(デジイチ)もっとキリハシミツスイズグロトサカゲリと翼距キバタンナンヨウショウビンハチクイの飛翔コゲチャミツスイヨコフリオウギヒタキ個体差ケープヨークオーストラリアムシクイ雨上がりのハイガシラヒメカッコウ【オーストラリア初記録】マミチャジナイアサヒスズメサイクロンによる生息環境の消失とヒクイドリサイクロンヤシ通過翌日の干潟ナンヨウセイコウチョウ(若)オウゴンニワシドリとそのアズマヤコオバシギ冬羽アノ鳥ケアンズ周辺一回り記録4ケアンズ周辺一回り記録3ケアンズ周辺一回り記録2(オオニワシドリなど)ケアンズ周辺一回り記録オーストラリアへラサギクロサギ白色型と灰色型マミジロアジサシヒメクロアジサシオウムのなる木オーストラリアセイタカシギヒメハゲミツスイバードウォッチング&観光&その他生き物 ミックスツアー【速報】シラオラケットカワセミ2010ケアンズの普通種をまとめて片付けるツアーギンカモメの決定的瞬間いよいよベストシーズンへ?キジバンケン冬羽シロハラコウライウグイスゴシキセイガイインコ特集バードウォッチングツアー記録 9月エミューテリオウチュウインドクジャク半日バードウォッチングツアー報告(8月)バードウォッチングツアー8月ケアンズで野生のインコやオウムを見るツアー [まとめ]マングローブヒタキヒメウズラ幼鳥ササゴイと明暗レモンオリーブヒタキクチシロミツスイスマトラサギと闇の7人アカチャアオバズク我々オオニワシドリのオスにとってヌマウズラフクロウの時期キンショウジョウインコシダムシクイミコマスケイにまた行って来たヒメミツユビカワセミとミラーショックアオマメガンヒクイドリとマングローブケアンズ近郊 半日バードウォッチングツアー報告(5月上旬)バードウォッチングツアー3.5日間(4月下旬〜5月上旬)ヒクイドリとその糞ルリオーストラリアムシクイのハーレム樹洞ミコマスケイに行って来た「もっと豚肉を!」考えて撮る?ハイイロオウギヒタキ亜種keastiアカメテリカッコウ(幼)カンムリカイツブリフィールドスコープデジタル一眼レフカメラアタッチメント FSA-L1マミジロヒタキバードウォッチングツアー三日間(1月上旬)バードウォッチングツアー二日間 記録オウギヒタキなどミナミクロクイナタイワンセッカただツバメなどワイバード主催 ケアンズ4日半バードウォッチングツアー報告ツツドリアカオオタカ オスとメスアカオオタカ 巣とヒナコシャクシギバードウォッチングツアー報告(11月)再びインコツアー報告半日バードウォッチングツアー報告(11月)インコツアー報告謎のウズライチジクインコが営巣ムナオビエリマキヒタキムナフモズツグミハシブトゴイの塒ノドグロヤイロチョウパプアガマグチヨタカ♀シベリアオオハシシギなど【報告】ケアンズ半日バードウォッチングツアーズアカガケツバメルリミツユビカワセミマリーバにアカオオタカ営巣「一生忘れる事の出来ない時間」【報告】ワイバード主催"ケアンズ5日間バードウォッチングツアー"ヒクイドリ2ヒメススイロメンフクロウコウロコフウチョウ♀タイプもついでにコウロコフウチョウミミグロネコドリオナガイヌワシまとめ野生のモモイロインコハチクイ看板オオニワシドリハシブトセンニョムシクイワープーアオバト他コウロコフウチョウ、そしてトラブルキバラモズヒタキ新しいバードウォッチングHPがスタートキムネハシビロヒタキアカエリシロチドリ2ムナグロシラヒゲドリマミジロヤブムシクイ比較カノコバトアシナガツバメチドリ(幼)アサートン高原北部一回りカワセミ五目釣りアオバネワライカワセミの顔はハシナガヤブムシクイウスユキチュウヒアンディーアンダーソンと行く探鳥チュウジシギヤマトゲハシムシクイヤブヒバリナンヨウセイコウチョウワライカモメ(若)Laughing Gull imm.シラオラケットカワセミ2009ヤドリギハナドリキスジミツスイオーストラリアカタグロトビバードウォッチングツアー記録12/2008コシアカツバメとタイワンセッカキミミミツスイ残念な結果ツアーの記録11月下旬食うもの食われるものイチジクインコバードウォッチングツアー記録11月ウズラシギパプアオオサンショウクイヨコフリオウギヒタキの巣作り海鳥クルーズタテフミツスイベニビタイヒメアオバト小旅行記のお知らせバードウォッチングツアー記録9月下旬2バードウォッチングツアー記録9月下旬バードウォッチングツアー記録9月中旬夜のパプアガマグチヨタカバードウォッチング記録9月バードウォッチング記録ヒガシキバラヒタキ地元バーダーズカンムリカッコウハヤブサハシボソキミミミツスイ (若)ハイイロツチスドリワキアカチドリ(若)一人バードウォッチングツアー(下見)コシアカショウビン半日バードウォッチング?ツアー報告ハシブトゴイセイタカコウカオジロサギなどまたまたエスプラネードへアカエリシロチドリやっぱり南部型ズグロトサカゲリ?アジサシなどキリハシミツスイ猛禽があちらこちらにペリットを吐き出すフエガラスオーストラリアチョウショウバトヒクイドリバードウォッチングツアー 4月記録アオツラカツオドリ病のカバイロハッカハヤブサミサゴハイイロガン何故そこに?サメイロミツスイキョウジョシギチュウシャクシギ迷い込んだ?南部型ズグロトサカゲリバードウォッチングツアー記録 二月上旬カツオドリバードウォッチングツアー 2月記録キジバンケンオーストラリアオオノガンコキンチョウフエガラスパプアガマグチヨタカ親子二日と一時間 バードウォッチングツアー終了4日間バードウォッチングツアー終了ウロコミツスイオーストラリアツバメ約4日間バードウォッチングツアー記録オニアジサシシラオラケットカワセミが渡ってきましたオーストラリアツカツクリバードウォッチングツアー報告 11月上旬メンフクロウ日本に来ていますー谷津干潟等日本に来ています。藤前干潟などマミジロナキサンショウクイ♀インコ・オウム スペシャルヨコフリオウギヒタキワライカワセミの声ヤブツカツクリオーストラリアの野鳥図鑑/フィールドガイド 一覧レビューアオバズクハチマキミツスイオオソリハシシギ 他バードウォッチングツアー 報告9月中旬ハイガシラヤブヒタキオウゴンニワシドリとバーダーマイナーチェンジ機内誌に採用のお知らせ半日ケアンズバードウォッチングツアー記録アオアズマヤドリムナグロカタアカチドリチュウサギクロガオミツスイアオツラミツスイヒジリショウビンホオオオサメクサインコミナミオオセグロカモメベニカノコバトキイロミツスイシマコキン(Chestnut-breasted Mannikin)ミコマスケイの海鳥(南半球1の海鳥の大繁殖地)オオハナインコキアシヒタキハイイロオウギヒタキは活発に動くケアンズ野鳥観察ツアー報告ツチスドリコシグロペリカンオーストラリアミヤコドリヒメミツユビカワセミバードウォッチングツアー報告 キングフィッシャーパーク&植物園オオリュウキュウガモズグロトサカゲリレンジャクバトデジスコキバラタイヨウチョウハイムネメジロトサカレンカクが岸近くにいましたホウロクシギタムロン tamron 90mm f2.8 macro 272eキンバト探鳥ツアー報告 アサートン高原キジバンケン行き倒れフランクランド島の野鳥ワイバードのオーストラリアツアーを担当しますオーストラリアイシチドリ@商店街ライフリストフエフキトビが…トサカハゲミツスイキノドヤブムシクイの巣シラオラケットカワセミ 山歩きついでに探鳥半日探鳥ツアー報告バラムネオナガバト野鳥調査野鳥の会会報ハシブトアジサシヘビウミナミクロヒメウモリショウビンシロガシラカラスバト若キジバンケンの羽根ナンヨウクイナオーストラリア野鳥の会オーストラリアセイタカシギだ

その他のカテゴリー

| お問い合わせ | サイトマップ | ホームへ戻る| (C)ケアンズEye!RSS更新順に見る | ページ最上部へ戻る↑|